刻印の館

Arrow
Arrow
Slider

刻印の館

この刻印の館はローマ水道橋:アクエドゥクトのあるアソゲホ広場に近いサン・フランシスコ通りにあります。中世セゴビアは羊毛産業が盛んでした。世界中に輸出され羊毛はセゴビアを豊かにしました。その羊毛の品質証明として付けられたのがセゴビア原産で有ることを証明する刻印でした。言ってみればセゴビア・ブランドの証としての重要な役割を果たしたのがこの刻印の館でした。 建物は1560年から1570年に建てられたとしています。 現在は県の商工事務所になっています。

市内遺跡

  • ダイバーシティ・ミュージック・フェスティバル 2019

    春の訪れを祝うセゴビアのお祭りは音楽祭です。音楽の街セゴビアは沢山の音楽祭があります。セゴビアが愛するのはクラッシクや伝統音楽だけではありません。ロック、ジャズ、テクノ、ヒップホップ、ポピュラー・ミュージック、様々なタイプとスタイルの音楽がこの音楽祭では流れます。...

    Read more
  • セゴビア市 2つの国際フェアに参加

    ローマ時代の文化歴史を伝える国際的なフェスティバル:TARRACO VIVAがスペイン北東の都市タラゴナで5月17日から19日に渡り開かれました。セゴビア市はローマ時代の遺跡ローマ水道橋:アクエドゥクトを持つ都市として参加しました。...

    Read more
  • ティティリムンディ2019

    セゴビアの春の始まりはこのお祭りから!ティティリムンディとはパペット(ティティリ)+世界(ムンディ)と言う造語でセゴビアを世界に有名にする一大イベントの一つです。1985年の春から30年を超え開催されている人形劇の大イベントは、現在では人形劇だけでなく、大道芸、世界各国の話芸、小劇、演劇、街頭劇などの集まる一大スペクタクルとして世界から観光客を集まるイベントに育ちました。...

    Read more