セゴビアの美術館・博物館

Arrow
Arrow
Slider

多種多様な博物館と美術館

セゴビアには公立・私立、大小合わせて約21もの美術館と博物館があります。博物館と名の付くもの以外にも、例えばアルカサル城内には中世の砲学校の当時を解説した博物館がありますし、セゴビア大聖堂内にも当時の美術品を保管した展示博物館があります。修道院:サン・アントニオ・レアルもカトリック芸術を展示した博物館を持ちます。ロイヤルミント:王立造幣局もまた展示博物館です。 セゴビアは多様な民族が入植した特異な歴史があり、また土地も大変古く様々な文化の痕跡を見ることが出来ます。

カトリックとその他の文化

15世紀、スペインの中心地であったセゴビアには中世の美術、カトリック芸術が多く残ります。街の至る所に中世、ローマ時代から残る教会があり、様々な宗教芸術を見ることが出来ます。また歴史的に多くの民族が暮らしたセゴビアではユダヤ、ムスリム文化の痕跡を今も見ることが出来ます。ユダヤ文化教育センターを始め、ユダヤ人墓地、そしてイスラム芸術の痕跡を残す旧シナゴーグなど、カトリック文化の中に溶け込んだユダヤ、ムスリムの文化を垣間見る事のできるユニークな街です。

セゴビアと現代芸術

現代芸術の美術館もあります。1960年代ニューヨークの抽象芸術の世界で名を馳せたセゴビア出身のエステバン・ビセンテの名を冠した美術館があります。ビセンテの常設展に加え、企画展など現代美術の展示を行っています。 世界の人形劇祭:ティティリムンディで有名なセゴビアですが、スペインの著名人形師フランシスコ・ペラルタの人形コレクションが中世の関所であった塔の跡地を利用した博物館に展示されています。セゴビアの多くの博物館・美術館は中世の建造物の跡地を利用したもの多く、建物そのものが貴重な展示となっているものもあります。 セゴビアには各種楽しめる美術館・博物館がたくさんあります。

お薦めの美術館・博物館

  • アントニオ・マチャッド博物館

    スペインの重要な詩人であるアントニオ・マチャッドは1919年高校の教員としてセゴビアに赴任しました。この博物館は当時彼の暮らしたそのままの姿で貴重な資料の数々が展示されています。...

    記事を読む
  • セゴビア博物館

    セゴビア博物館は17世紀王族の芸術センターで所有の美術品を保存する場所でした。それ以前にはユダヤ人コミュニティーの所有で太陽の家と呼ばれる屠殺場でありました。...

    記事を読む
  • ユダヤ人文化教育センター

    カトリック女王イザベルの相談役を務めたセゴビア史上もっとも有名なユダヤ人:アブラハム・セオネルの屋敷であった建物が現代でユダヤ人文化教育センターとして中世のユダヤ人の生活習慣、文化を後世に伝える博物館になっています。
    ...

    記事を読む