サン・ミジャン教会

Arrow
Arrow
Slider

サン・ミジャン教会

長距離バスターミナルからローマ水道橋 に向かってアクエドゥクト通りを歩くと初めに出会うのがこのサン・ミジャン教会です。セゴビア で最も古い教会の一つとされています。 建築は10世紀から11世紀のカスティージャ・アラゴン王アルフォンソ1世(武人王と呼ばれスペインにあった異教徒排斥:レコンキスタ で有名な王)の時代とされています。その塔はムサラベ様式でカトリック 征服前の時代も宗教上重要な建物でありました。教会の全体像は人体を模した十字になっており、古くから存在する教会としてユニークな存在です。建築スタイルはプレローマ建築。中世の豪華なゴシックスタイルの教会とは異なり、内部は素朴で質素なイメージです。しかし、その質素の中に古くから重要な教会であったことを感じさせる興味深い教会です

カトリック施設

  • 聖体拝領教会 – 旧シナゴーグ・マジョール

    聖体拝領教会は旧シナゴーグとしてセゴビアに残る唯一のユダヤ教会遺跡です。教会内はシナゴーグのスタイルを残したまま現在カトリック教会として利用されています。...

    記事を読む
  • セゴビア大聖堂

    街の中央大広場:プラザ・マジョールのアルカサル城につながる通りに位置するセゴビア大聖堂:聖マリア・聖フルート寺院は1525年から建設が始まった後期ゴシックスタイルの建造物で、建設には50年余りのも年月がかかりました...

    記事を読む
  • サン・アントニオ・レアル修道院

    カスティージャ王エンリケ4世の命により建設された修道院です。院内ではで様々なカトリック美術をみることが出来ます。...

    記事を読む