砲術学校博物館

Arrow
Arrow
Slider

ヨーロッパで一番古い軍事学校

セゴビアに残るヨーロッパ最古の軍事学校です。軍事学校として古い学校は他にもありますが、現在も運営している学校はこのセゴビアに残る砲術学校だけです。現在もこの旧サンフランシスコ修道院跡で授業が行われています。この軍事学校では博物館と図書館が併設されていて一般に公開されています。この砲術学校の歴史はアルカサル城から始まります。中世、砲術は、数学、地理学、化学、物理学、更に計器や大砲を作るための工学、そして計測や望遠レンズを作るための光学など科学の集大成でした。関連技術を伝授するための学校と研究設備そして図書館がアルカサル城にありました。1862年のアルカサル城の大火にて図書の一部が焼け落ちるという悲劇に見舞われ、現在の旧サンフランシスコ修道院に学校が移されました。建物は中世の典型的な修道院の作りでそれ自体が歴史遺産です。ヨーロッパの科学の歴史を一望できる貴重な博物館と言えます。また中世から残っている礼拝所もあり、建物設備そのものが歴史遺産です。

博物館

アルカサル城にあった砲術学校の図書館は1892年の大火に見舞われそれ移行カプチン会修道院に移され、その後ここサンフランシスコ修道院にうつされ、現在に至ります。博物館は中世の科学のの歴史の一端を見ることが出来ます。砲術は物理学、化学、光学、工学、数学など多くの知識を必要としました。また倫理の教育なども行われ、宗教学なども教えられていたことが、残っている図書から推察されます。またこの砲術により勝利した戦闘の歴史も展示されています。興味深いのは砲術学校の卒業生の名簿が学校が設立された18世紀から残っていることです。また一部の展示では実際の授業が行われている教室を含み、歴史の長い砲術学校の今をも垣間見ることが出来ます。武器や測定機器の進化を中世から追うことができるのもこの博物館ならではの展示といえます。

図書館

アルカサル城の大火により、運び出された図書の全てを観閲することが出来ます。一部の図書は炎に焼かれた跡が残り、当時の痛ましさを物語っています。図書の貸出は観光客には出来ませんが、居住市民であれば誰でも利用できます。また、コピーや写真撮影の機器も取り揃えており、中世の技術、歴史、科学を誰でも観閲することが出来ます。

総論

現在運営中の軍事施設内にある博物館と図書館です。非常にユニークな展示と普段見ることの出来ない歴史を見せてくれます。ガイドを担当するのは現役の軍人さんです。軍事施設ゆえ、事前の入場の手続きが必要になりますが、歴史の街セゴビアならではの特殊な博物館・図書館を言えます。

セゴビアの博物館・美術館

  • セゴビア博物館

    セゴビア博物館は17世紀王族の芸術センターで所有の美術品を保存する場所でした。それ以前にはユダヤ人コミュニティーの所有で太陽の家と呼ばれる屠殺場でありました。...

    記事を読む
  • ユダヤ人文化教育センター

    カトリック女王イザベルの相談役を務めたセゴビア史上もっとも有名なユダヤ人:アブラハム・セオネルの屋敷であった建物が現代でユダヤ人文化教育センターとして中世のユダヤ人の生活習慣、文化を後世に伝える博物館になっています。
    ...

    記事を読む