観光・ツーリズム

Arrow
Arrow
Slider

セゴビアの観光資産

セゴビアは市内に沢山の観光資源があります。
世界中から観光客を集めるローマ水道橋:アクエドゥクト。その美しさと華麗さから大聖堂の貴婦人と呼ばれるセゴビア大聖堂。おとぎ話のモデルになったと言われる世界名城:アルカサル城。テンプル騎士団の居所であったベラ・クルス教会。ヨーロッパの工業革命の走りであったと言われる王立造幣局ロイヤルミント博物館。またカトリック国では珍しいユダヤ教会シナゴーグを現存するコープス・クリスト教会(キリスト聖体教会)など沢山の歴史遺跡があります。

産業ツーリズム

歴史遺跡をめぐるツーリズムはもちろん、人間の営みである産業の歴史をめぐるツーリズムもセゴビアの魅力の一つです。
乾燥した地中海性内陸気候のスペインで珍しく水の豊富さは沢山の自然を残しました。そしてその恵まれた環境は数多くの文化を生みました。水車を利用した紙生産、製粉、そして貨幣鋳造です。貴族の街であったセゴビアは豪華なガラス工業、装飾タイルなどの産業も産みセゴビアを豊かにしました。セゴビアは羊毛の街でもありました。セゴビアの羊毛ブランドはその質の良さから世界に輸出されていきました。
そして近代産業ではスペインで珍しいウィスキー。水が綺麗で豊なセゴビアは有名なウィスキー工場があります。近代史に残るスペインのウィスキー産業の歴史がここセゴビアで見ることが出来ます。

セゴビアとその近郊

セゴビアは市内だけでなく近郊に沢山の観光資源を持ちます。
中世貴族の遊行地として栄えたラ・グランハ市はセゴビアから10km南に位置します。フランスのベルサイユ宮殿を移植したサン・イルデフォンソ宮殿。その庭園はギリシャ神話をテーマにした噴水で大変有名です。年に数回の噴水ショーが行われ、世界から沢山の観光客を集めます。
年に一回街をろうそくの明かりだけで照らすお祭りが有名なペドラサ市、ローマ皇帝を排出したことで有名なコカ市では毎夏にローマ時代の市場を模したお祭りが行われます。

語学ツーリズム

セゴビア市では外国人学生・社会人に向けた語学コースも用意しています。歴史の街で語学ツーリズムを楽しむことが出来ます。実際の遺跡を目の前にしながら学ぶスペイン語コースは多彩で生徒を飽きさせない工夫を凝らしたセゴビアならではツーリズムです。

その他・まとめ

セゴビアは歴史、文化、自然、語学、スポーツなどの各分野でツーリズムを楽しめます。 そしてセゴビアはカトリックの習慣として世界的に有名なサンティアゴ巡礼コースの街でもあります。

  • ローマ水道橋:アクエドゥクト

    セゴビアにローマ帝国がやってきた時にはすでに先住民により水資源の殆どが占拠されていました。ローマ帝国にとって水資源の確保が一番の課題でありました。 アクエドゥクトの建設は幾つもの意味があったようです。
    ...

    記事を読む
  • アルカサル城

    世界の名城の一つに選ばれ、おとぎ話に出てくるお城のモデルにもなったアルカサル城。スペイン史の中で重要なお城の一つです。トラスタマラ朝、ブルボン王朝と、多くの王に愛された城です。
    ...

    記事を読む
  • ティティリムンディ

    セゴビアの春の始まりはこのお祭りから!ティティリムンディとはパペット(ティティリ)+世界(ムンディ)と言う造語でセゴビアを世界に有名にする一大イベントの一つです。...

    記事を読む