アントニオ・マチャッド博物館

Arrow
Arrow
Slider

詩人アントニオ・マチャッド

スペインの重要な詩人であるアントニオ・マチャッドは1919年高校の教員としてセゴビアに赴任しました。この博物館は当時彼の暮らしたそのままの姿で貴重な資料の数々が展示されています。中にはパブロ・ピカソのサイン入りの手紙などユニークな展示品を見ることが出来ます。

関係のある遺跡

  • サン・ミジャン教会

    長距離バスターミナルからローマ水道橋 に向かってアクエドゥクト通りを歩くと初めに出会うのがこのサン・ミジャン教会です。セゴビア で最も古い教会の一つとされています。...

    記事を読む
  • アルプエンテ伯爵宮殿

    15世紀、セゴビアの有力者、アロンソ・カスカレスのために建てられた宮殿で、カスカレス宮、アスピロス邸とも呼ばれていました。...

    記事を読む
  • 聖十字架のヨハネ修道院

    聖十字架のヨハネ修道院 聖十字架のヨハネはカトリック神秘家で1726年に列聖。アヴィラのテレジアと共に跣足カルメル会(改革カルメル会)の創設者となった人です。その人の設立した修道院がセゴビアに遺っています。...

    記事を読む