アントニオ・マチャッド博物館

Arrow
Arrow
Slider

詩人アントニオ・マチャッド

スペインの重要な詩人であるアントニオ・マチャッドは1919年高校の教員としてセゴビアに赴任しました。この博物館は当時彼の暮らしたそのままの姿で貴重な資料の数々が展示されています。中にはパブロ・ピカソのサイン入りの手紙などユニークな展示品を見ることが出来ます。

関係のある遺跡

  • 聖体拝領教会 – 旧シナゴーグ・マジョール

    聖体拝領教会は旧シナゴーグとしてセゴビアに残る唯一のユダヤ教会遺跡です。教会内はシナゴーグのスタイルを残したまま現在カトリック教会として利用されています。...

    記事を読む
  • ローマ水道橋:アクエドゥクト

    セゴビアにローマ帝国がやってきた時にはすでに先住民により水資源の殆どが占拠されていました。ローマ帝国にとって水資源の確保が一番の課題でありました。 アクエドゥクトの建設は幾つもの意味があったようです。
    ...

    記事を読む
  • ユダヤ人文化教育センター

    カトリック女王イザベルの相談役を務めたセゴビア史上もっとも有名なユダヤ人:アブラハム・セオネルの屋敷であった建物が現代でユダヤ人文化教育センターとして中世のユダヤ人の生活習慣、文化を後世に伝える博物館になっています。
    ...

    記事を読む