アクエドゥクト:ローマ水道橋説明センター

Arrow
Arrow
Slider

ローマ水道橋説明センター

王立造幣局(ロイヤル・ミント:カサ・デ・ラ・モネダ)は1583年フィリッペ二世の命より設立されました。エレスマ川の水力を利用したオートメーション技術は当時画期的で最先端の工場でした。 アクエドゥクトはその偉大な象徴として、ここで鋳造される硬貨のデザインとして採用されました。アクエドゥクトが刻まれた硬貨は世界をめぐりセゴビアを有名にしました。セゴビアは世界から「アクエドゥクトのセゴビア」と知られるようになりました この名誉ゆえ、現在、王立造幣局博物館では館内にアクエドゥクト説明センターを設け近代的なインタラクティブマルチメディアで水道橋を説明しています。 水はセゴビアの歴史、水道橋を建造した技術、人々の生活などすべてを一つにする象徴として、歴史の世界に私達を導きます。最長15キロメートルを超える最も保存状態の良いローマ歴史遺跡:アクエドゥクトはユネスコにより1985年人類の文化遺産として宣言されました。

関係のある遺跡

  • ローマ水道橋:アクエドゥクト

    セゴビアにローマ帝国がやってきた時にはすでに先住民により水資源の殆どが占拠されていました。ローマ帝国にとって水資源の確保が一番の課題でありました。 アクエドゥクトの建設は幾つもの意味があったようです。
    ...

    記事を読む